くじら手帳

京都に住む父親サラリーマン投資家の備忘録。

夏休みに考えたい米国株ポートフォリオ

f:id:gantt:20170811150901j:plain

 

米国株投資をはじめるべく、いろいろと本を読んだり、ネットで調べたりしてポートフォリオを考えた。

米国投資ブロガーの記事もたくさん読ませていただいた。

まだ軌道修正が必要だと思うけれど、夏休みのまとまった時間を利用して、現時点版を記録しておく。

 

ポートフォリオ構成銘柄

構成銘柄は以下の通り。

セクター分散とキャッシュフローマージン、配当を意識して10〜16銘柄におさまるように選んだ。

これらの銘柄に毎月ほぼ定額を投資する形で、資産運用しはじめる。

 

銘柄 セクター 景気局面 CashFlowMargin 連続増配 配当性向 配当利回
AMZN Cyclical Consumer Goods & Services 好況 12.09% 0 0.0% 0.00%
LMT Industrials 好況 10.98% 14 57.6% 2.40%
MMM Industrials 好況 22.13% 58 52.8% 2.28%
IBM Technology 回復 21.22% 17 43.5% 4.23%
VZ Telecommunications Services 不況 18.03% 10 61.1% 4.81%
JNJ Healthcare 不況 26.11% 54 46.8% 2.52%
GIS Non-Cyclical Consumer Goods & Services 不況 14.81% 13 62.6% 3.46%
KO Non-Cyclical Consumer Goods & Services 不況 21.01% 54 77.9% 3.25%
PG Non-Cyclical Consumer Goods & Services 不況 23.64% 60 66.1% 3.02%
PM Non-Cyclical Consumer Goods & Services 不況 30.27% 9 85.8% 3.62%
XOM Energy 後退 10.10% 34 89.3% 3.94%
VTI ETF - - - - 1.84%
VYM ETF - - - - 3.03%

(*2017/08/14時点の数値)

 

 

まだもう少し考え中のところ 

AMZN(amazon)をはずすべきか。

AMZNは「成長の罠」にはまりまくっていて、長期投資に向いているとはいえない。

でもamazonにはお世話になりまくってるし、あのマーケットの攻め方には感服する。

将来の生活に必要であり続けるだろうと思い、組み入れることにしている。

まだグロース株にあこがれてしまう気持ちがおさえられていない。。

また時期をみて判断していきたい。

 

V(ビザ)を組み入れたい。

ユーザー数もすさまじいし、ビジネスモデルもすばらしいのでぜひ組み入れたい。

けど、テクノロジーの進歩で決済方式がどう変わるか分からないので今は組み入れづらい。

もうちょっと調べたい。

 

金融セクターの銘柄も組み入れたい。

景気の回復局面に強いセクターとして金融セクター銘柄がひとつくらいほしい。

 

 

 

関連記事。

景気局面ごとのセクターの分散を意識して「好況」「回復」「不況」「後退」のそれぞれの局面に強いセクターの銘柄をポートフォリオに組み込む。 

gantt.hatenablog.jp

 

売上高やキャッシュフローの推移をGoogle Financeで調べて、営業キャッシュフローマージンを算出して、安定性の高い企業をポートフォリオに組み込む。

gantt.hatenablog.jp

 

Dividend.comで配当利回りや連続増配年数を調べて、継続してしっかり配当してくれる企業をポートフォリオに組み込む。 

gantt.hatenablog.jp