京都市市民防災センターで消火活動をしてきた

f:id:gantt:20170326084706j:plain

 

子どもと消防車を見るために、京都市市民防災センターに行ってきた。

消防車を見るためだけに行ったつもりだったけれど、いろいろと楽しめる施設でとっても楽しめた。

 

京都市市民防災センターは十条通国道1号が交わったところにある。

公共交通機関の使用が推奨されているが、駐車場も15台分くらいあった。

運がよければ駐車することもできる。

f:id:gantt:20170326085306p:plain

京都市市民防災センターのHPから。

 

f:id:gantt:20170326084719j:plain

 

館内には子どもが乗り込める消防車や救急車、普段は見ることのないタイプの緊急車両の写真の展示などがあり、子どもは「あっ!」とか「うわぁー!」とか大声をあげながら走り回っていた。

 

展示だけじゃなく地震で揺れる部屋や、強風をあびられる部屋、消火活動の体験、雨量について学習するコーナー、実際のヘリコプターに乗り込んで楽しむシミュレーターなどなど体験コーナーも充実していた。

 

強風の部屋では、風速32mまでの強風が体験できる(小学生までは風速が21mまでに制限される)

前に並んでいた人が体験部屋の中で風に吹かれている姿を見るとなかなかすごいことになっていた。髪の毛とかくっしゃくしゃ。

うちの子どもはビビってしまうかな…と思っていたけれど、すごい風に吹かれながらニコニコしていた。

一緒に入った妻は「息できなかったんですけど…」「実際にあんな状況になったらどうしよう…」と不安になりつつ考える機会を得ていて、体験学習の効果が存分に表れていた。

 

消火活動の体験では、消防士の服を着せてもらって、屋内のモニターに映し出される火災を消火する。

うちの子は小さすぎてやらせてもらえないかと思ったけれど、ちゃんと消防服も着せてもらったし、消火活動もさせてもらえた。

真剣な顔をして消火活動をしている子どもを見ると、なんだかおもしろいなーと思うとともに、こういう風にひとつずついろんな体験ができるのは大事だなと思った。

 

まだ小さいのもあって全部を体験することはできなかったけれど、すごく楽しめた。

館内でスタンプラリーをするとおみやげももらえたりして、ほんとにこれが無料でいいのだろうかと思うほどだった。

またもう少し大きくなって、知っていることが増えたり、考えられることが増えたりしたら連れてきてやりたい。

 

kyotobousai-c.com