くじら手帳

京都に住む父親サラリーマン投資家の備忘録。

業種分散のための米国企業の所属セクターの確認方法

f:id:gantt:20170811111740j:plain

 

米国株ポートフォリオを作るにあたり、景気の転換に備えた業種分散も考えたい。

 

景気の強弱、金利の高低の組み合わせ(右上が「好況」、左上が「回復」、左下が「不況」、右下が「後退」)によって、人気となる業種は以下のように分布するらしい。

せっかくポートフォリオを組むんだから、各象限に属するセクターの銘柄を組み入れたい。

 

f:id:gantt:20170730075909p:plain

(*広瀬隆雄さんのブログ『MarketHack』より)

 

 

組み入れ銘柄の選定にあたり、米国企業の所属セクターの確認方法をまとめておく。

ただ、調べていると同じセクターでも表記が若干違ったりする…。

生活必需品が「Consumer Staples」だったり、「Non-Cyclical Consumer Goods」だったり。

ここではGoogle Financeでの表記をもとにまとめる。

 

 

「JNJ」で検索した場合を例にする。

Google Financeで「JNJ」を検索するとこんな感じ。

 

f:id:gantt:20170811113250p:plain

(*2017/08/11にGoogle FinanceでJNJを検索したときの結果より)

 

 

このページをそのまま下の方に移動すると、「Related companies」という表があり、同じセクターの企業がリストされている。

この表のすぐ下に所属セクターが書かれていて、「JNJ」は「Healthcare」セクターに所属していることが確認できる。

 

f:id:gantt:20170811113308p:plain

 

 

各象限に属するセクターをまとめると以下の通り。 

第1象限 好況 工業株 Industrials
    素材株 Basic Materials
    消費循環株 Cyclical Consumer Goods & Services
第2象限 回復 ハイテク株 Technology
    金融株 Financials
第3象限 不況 通信株 Telecommunications Services
    ヘルスケア株 Healthcare
    消費安定株 Non-Cyclical Consumer Goods & Services
    公共株 Utilities
第4象限 後退 エネルギー株 Energy

 

 

関連記録。

広瀬隆雄さんの本に、米国株を選ぶときの基本がまとめられてます。大変参考になる。

gantt.hatenablog.jp