読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古いiPhone売れなかった…

家計簿

f:id:gantt:20160611143713j:plain

 

SIMフリーiPhoneを買い、今まで使ってたiPhoneがいらなくなった。

そうだ、売ってしまおう!と思い、少し調べたところ、別に怪しげなところに持って行かなくとも、ブックオフで買い取ってくれることが分かった。

 

そこでさっそくiPhoneを初期化して持っていったんだけど…つまづきました。

気をつけるポイントは3つ。

 

iPhoneをただ初期化しただけじゃダメ

最初の”Hello”って画面のまま持って行ったら、動作確認ができず買い取ってもらえなかった。

言語の設定とかは済ませて、ちゃんとアプリのアイコンが並ぶ画面まで進めないといけないみたい。

 

iPhoneの初期設定にはSIMカードが必須

初期化しちゃってたので、初期設定だけ済ませようとしたけど…SIMカードがないと進むことができない(「次へ」ボタンがでない)

契約を解約してしまっているSIMカードでもいいので、ちゃんとそのiPhoneがアクティベートされたキャリアのSIMカードが必要なので、解約しても捨てずに持っておきましょう。

SIMカードをさした状態で、iTunesに接続するとWi-Fiなどの設定をすることなく、初期設定できます。

このとき、iTunes側で操作をすると、AppleIDなどがiPhoneに移ってしまうので、iPhone側で操作して、これを回避しましょう。

 

月賦が残っていると、買取金額がダウン

月々サポートの支払いが残っていると、通信制限がかかってしまうらしく、買取金額がダウンしてしまう。

iPhone5 32GB whiteだと、買取金額が21000円から、14700円までダウンしてしまいました。

 

 

結局、この下げ幅がもったいないので、もうしばらくして一括払いが完了してからリトライすることにしました。

ちなみに、せっかくなので、家にあった古いスマホも売ってしまおうと持っていったところ、かなり古いのにGalaxy S2 LTEは5000円で買い取ってくれました。