台湾旅行に行くときにお金の両替で気をつけるポイント

f:id:gantt:20160417081014j:plain

 

台湾旅行に行ってきました。

日本から近いし、ごはんは安くておいしいし、交通費も日本よりずっと安くて気軽にウロウロできるし、かなりオススメです。
 
 
そんな台湾旅行、どれだけお金持って行ったらいいの?と困ったので、現金の両替の話をまとめておきます。
 
 
うちのケースだと、3泊4日、オトナふたりで最終的に両替したのは日本円で25,000円でした。
クレジットカードでの支払いをあてにして、最初は10,000円しか両替してなかったのですが、台湾鉄道で田舎(台湾北東部)にも行ったので、カードはあんまり使えませんでした。台北101などではカードを使えたので、おみやげのほとんどはカードで買っており、現金は主にごはん代や交通費、田舎に行ったときに買ったおみやげなどです。
 
 
このあと、NTDというお金の単位を使います。
NTDは、ニュー台湾ドルのことで、2014/05時点ではおよそ3.4円です。
※ただし、これは台湾で両替したときのレートで、日本だともっと高くなります。詳しくは下に書きます。
 
 
目安1 食事代
レストラン的なものに行ったのは、鼎泰豊(有名な小籠包のお店)だけで、あとは夜市や、大衆食堂、フードコートで食べました。その方が台湾ぽいから。
 
レストランに行くとひとり1,000NTDくらいは見ておいたほうがいいですが、夜市だと有名な唐揚げが65NTD、ガイドブックによく載ってるレモンジュース(?)は35NTD、ふわふわのマンゴーかき氷も130NTD程度です。どれもこれも安いのにボリュームもあって、おいしい。1番有名な士林夜市に行くと、たくさんお店が並んでます。
 
大衆食堂は、ふたりで4品くらい頼んで、300-500NTD。おかゆとおかずとか、めんとおかずという組み合わせなので、合計で4品も頼むとおなかいっぱいです。
 
大きめの駅や、台北101にはフードコートがついていて、定食がだいたい1人前で150-200程度。夜市風メニューもあったりします。
 
 
目安2 交通費
ツアーは申し込まなかったので、移動は地下鉄、台湾鉄道(台鐵)、タクシーの組み合わせでした。
 
地下鉄は初乗り20NTDで、だいたい一回の乗車でひとり30NTDみておけば、主要なところはいけます。
地下鉄はきれいで、本数も多く、もっぱら移動に使ってました。
 
台湾鉄道は、台北から九份に行くときなどに使いましたが、普通電車で50-70NTDでした。日本と同じように、普通、急行、特急みたいな区分があり、停車駅や運賃が異なります。
どこ行きに乗れば、目的地につくかを見るのが最初難しかったですが、路線図さえ手に入れれば気軽に乗れます。
ただ、田舎部分は1時間に一本しか電車が来ない…など、電車の本数が少ないので、計画的に観光する必要があります。
 
タクシーは初乗り70NTD、昼間だと250mごとに5NTDでした。日本に比べて安いので気軽に乗れます。何度か乗りましたが、運転手さんの人柄もよく、とっても便利な乗り物でした。
 
バス網も整備されているのですが、普段電車で移動しているため、ほとんど使いませんでした。
唯一使ったのは、瑞芳→九份の移動くらいです。ひとり20NTDくらいだったと思います。行ったのが平日だったので、あんまり本数がなく、タクシーでいけばいいやと思ってたのですが、たまたまバスが来たので飛び乗りました。
※瑞芳⇔九份は、タクシー代が一律180NTDと決まっているため、バスが来ない、バスが混んでるというときはタクシーを使ってしまうと楽に移動できます。山道なので、バスで立ったままだとだいぶつらいです。
帰りはタクシーを使い、九份→瑞芳も19:30の時点では、九份の入り口にあるセブンイレブンの前にタクシーが何台も停まっていて、帰ってくるのも楽ちんでした。
ちなみに、九份→台北はタクシーで1,000NTDだそうです。運転手さんが言ってました。
 
 
両替する場所
よく両替は日本でしたらダメ!とありますが、その通りです。
両替は以下の順でお得です。
 
  1. 台湾銀行、台湾の免税店
  2. 台湾の銀行、台湾の空港の両替所
  3. 台湾のホテル
  4. 日本
 
1だとレートもよく、手数料もかかりませんが、2だと手数料が必要になり、3や4にいくにつれてレートが悪くなります。
 
オススメは、必要最小限を2の台湾の空港で両替し、あとは1で両替することです。
台湾の空港の両替所の方も慣れており、両替したい分の日本円を渡すと、それに応じたNTDを計算して渡してくれます。
最初に免税店に立ち寄るようなプランであれば、日本語も通じるので1番楽ちんですね。台湾銀行も両替窓口の方は慣れていらっしゃったので、数字のやりとりだけで両替できました。
 
 
これから台湾旅行に行く方の検討の一助となればうれしいです。