読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知っておかなくちゃいけないと思ったので『減価償却』について調べてみた

f:id:gantt:20160611151645j:plain

 

ふと、『減価償却』っていうものを理解しておくことが、今後すごく役に立つ気がしたので調べてみた。

Google先生に聞くと、わかりやすくまとめてくれてるんだけど、勉強だと思って、自分の言葉でも整理しておく。

 

減価償却

例えば、サーバーを500万円で買ったときに、その費用を5年で分割し、5年間かけて毎年100万円ずつ費用計上をしていく。

この分割された100万円のことを、減価償却(費)というらしい。

 

減価償却という会計手続きを行うことによる効果

減価償却をすることで、買った年にだけ大きな支出があるという状況を、会計上なくすことができる。

支払いは買ったときに済んでいるんだけど、数年かけて会計計上していくことで、大きな凹みをなくして、投資に対する費用対効果を耐用年数の間は適正に評価できるというメリットがある、という風にぼくは理解した。

 

減価償却の対象となるモノ

今の決まりだと、10万円以上のものは減価償却の対象になるらしい。

だから、10万円っていう閾値で、購買のルールが違うんだな。ふむふむ。

 

耐用年数

モノにはそれぞれ決められた耐用年数という定義があるらしい。

耐用年数は国税庁のHPで調べられるみたい→耐用年数表

耐用年数≠使用期間であり、使う予定の期間で勝手に割り算するのではなく、決められた耐用年数で購入金額を割り、減価償却が決定する。

 

資産価値

減価償却という考えを利用することで、購入にかかった費用を一気に計上するのではなく、耐用年数の間、減価償却費分ずつ計上することができる。

資産価値は、購入時から毎年、減価償却費分ずつ目減りしていくことになる。

ただし、耐用年数を過ぎても使用する場合は、それを使い続けていることが分かるように、資産価値が0円にはならず、1円としておくというルールらしい。

 

 

学んだ!

これだけ知っておけば、見積もりの見方がまた変わってくるし、会計の話も少し分かるようになった気がする。