乗らなくなったバイク『CB400』を売ることにした

f:id:gantt:20160417080203j:plain

 

最近でかけるにしても、荷物が増えたのでレンタカーを選択することが多くなってきたため、バイクをHondaDreamさんで売ってきた。

買取査定してもらい、満足の行く額なら売ろうと思って持って行ったら、下限いっぱいぎりぎり許容範囲の値段だったので、その場で売ってきた。

 

バイクを売るときに必要だった手続き

それにしても、バイクの買取ってすごく簡単に済む。

もっといろんな役所系の手続きを自分でもしないといけないと思ってたので、あまりにシンプルでびっくりした。

  1. 20-30分ほどでバイクのチェックをしてもらう
  2. 査定額が出てきて、ジャッジをする
  3. 売る場合には、見積書 兼 契約書にサインとはんこ
  4. 譲渡の書類にはんこ
  5. 自賠責の書類にはんこ
  6. 処理委任の書類にはんこ
  7. 買取金を振り込んでもらう場合には振込先を記入

名前を1回書いたのと、はんこを数箇所に押したくらい。

 

バイクを売るときに必要なもの

事前に電話をして、持っていくべきものを教えてもらった。

実際に持っていったのは以下の通り。

  • バイク
  • バイクのキー(スペアキーも出来る限り持っていく)
  • 自賠責の書類
  • 車検証
  • はんこ
  • 免許証
  • 振込先口座の銀行/支店/口座番号

 

見積もりのポイント

せっかくの機会なので、見積もりについて少し教えてもらったけど、やっぱりポイントとしては、

  • キズがないか
  • 走行距離はどれくらいか

っていうのが大事らしい。

HondaDreamさんだと、チェックシートにキズがあった箇所を書き込んでいき、点数をつけて、点数が低ければ低いほど評価が高いらしい。

その点数に応じて、5段階の評価が出てきて、それに基づいて買取価格が決まるみたい。

ぼくのバイクはきれいに乗っていた(= 乗る機会がそもそも少なかった)ので、なかなかの好評価だった。

走行距離が長いものはオークション市場に流れたりするらしいが、きれいで走行距離が短い場合にはHondaDreamさんでそのまま販売してくれるらしい。

 

 

次にあのバイクに乗る人にも大切にしてもらえますように。