読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家のインターネット環境を見直す(docomoのモバイルWiFiとSIMフリーのiPadを比べる)

今年の10月に、実家で使っているdocomoのモバイルWiFi2年契約が満了する。

そのタイミングで、買ったときのキャンペーンの効力がなくなり、値段が上がってしまうので、このまま継続するのか、他のものに切り替えるのか検討しようと思う。

 

家族から「iPadを家でも旅先でも使えるのが便利」「PCはもう使わなくてもいい」と聞いたので、

  1. 値上がりしてもdocomoWiFiを使うというプラン
  2. Cellular対応のSIMフリーiPadに買い替え、格安SIMを使うというプラン

の2つの費用を比較してみた。

 

下の表のとおり、iPadを買い替えるプランだと、1ヵ月目に買い替え費用としての初期投資がどんとのしかかる。

でも、そのあとのランニングコストで、13ヵ月目に逆転し、その後はだいぶお得に使えることがグラフから見て取れる。

 

下図のうち、プラン1が「docomo」、プラン2が「SIMフリー」として、費用を比較してみた(厳密には、契約手数料もあるけれど、そこは省略)

 

f:id:gantt:20150111101549p:plain

 

ただ、これは格安SIMの中でも、通信容量の小さいもの(月1GBや、日70MBのプランを想定)を使ったときのパターン。

大きいもの(月7GB、月額3000円を想定)を使うと、逆転にかかる期間が長くなり、22ヵ月かかる。

ここは通信容量と費用のトレードオフなので、要相談。

 

f:id:gantt:20150111103639p:plain

 

 

そういえば、、、今のWiFiルーターに格安SIMをさして使うっていう手段もあると思うので、またそれもプラン3として検討してみようと思う。

組み合わせ的にOKなら、それが一番安いかも。