読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三条寺町の『金扇』さんでお寿司を食べてきた

f:id:gantt:20150921161244j:plain

 

数ヶ月前のことだけど、京都の三条寺町を少しくだったところにある『金扇』さんに行ってきた。

ここも他の方のブログで見かけて、気になっていたお寿司屋さんで、自分のお寿司屋さんリストに加えておくために、仕事帰りに同僚と行ってきた。

 

お店の中は、真ん中にある調理場を、コの字にカウンターが取り囲んでいて、全部で20人くらいが座れる。

ぼくらが伺った時は4組くらいのカップル(熟年ご夫婦の常連ぽい方を含む)がいらっしゃり、鴨川ライクに等間隔に座られていた。

 

テーブル席はなく、すべてカウンターなので、どの席に座っても、寿司職人さんとの距離が近い。

こちらの様子をうかがいつつ、タイミングがあれば、お店の方から気さくに話しかけてくださるので、ひとりで行っても孤独感を味あわなくて済みそうだった。

 

『金扇』さんも、以前伺った『とみ寿司』さんのように、1貫60円程度から楽しむことができ、お安いネタもあれば、「時価」と書かれたネタもある。

ちなみに、上の写真の赤貝は「時価」のネタで、このときは2つで800円だった。

たまにはこんなぜいたくもしたくなる。

 

1貫1貫が大きすぎず、お酒を飲みながらつまめるのがうれしい。

少し早めの夕方16時からあいているようなので、三条界隈をうろうろしていて、小腹がすいたときにまた伺おう。