読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三条木屋町を少しくだったところにある焼肉『大詔閣』さんにいってきた

ごはん処 京都(kyoto)

f:id:gantt:20160417060231j:plain

 

前々から気になっていた、焼肉屋の『大詔閣』さんにいってきた。

お店の前を通るたびに、ここはきっとおいしいにちがいないと感じていた。

妻と晩ごはんを食べに出たけど、行こうと思っていたお店が満杯で、急遽別のところを探すことになったので来てみた。

 

f:id:gantt:20160417060445p:plain

 

場所は三条木屋町の交差点から、南に2本くだって、西に入ったところ。

大きな赤いちょうちんが出ているので、見つけやすい。

(さらに南にくだった四条木屋町にも四条店がある。ぼくらが行ったのは三条店)

 

入ってみると、こじんまりとした店内。

厨房をぐるっとカウンター席(20席くらい)が囲んでいるのみで、テーブル席はなし。

 

18時半くらいにお店に行って、運よくさっと入れたけれど、あとから入ってきた常連さんっぽい人たちは「予約した◯◯です」って言ってたので、予約したほうがよさそう。

外国人観光客の方もいたので、海外のガイドブックに載っているのかもしれない。

 

f:id:gantt:20160417061745j:plain

 

お肉はタレか塩かを選べ、タレを選ぶと、お店の秘伝(?)のタレがしっかり絡められて出てくる。

タレも「普通」か「辛め」を選べた。

お店の方が、2種類のタレを混ぜ合わせていた(たぶん辛味ソースと、味のベースとなるタレ)ので、配分が変わるんだと思う。

 

食べたのは、タン、特選ロース、カルビ、テッチャン、天肉(頬肉)、上ミノ、サガリ、キムチ盛り合わせ、もやしナムル、タンユッケ…。

どれもおいしかったけど、サガリとタンユッケが特においしかった。

 

f:id:gantt:20160417063004j:plain

 

ふたりでおなかいっぱい食べて、ビールやジュースも飲んで、10000円ちょっと。

やっぱりまちがいなかった。

またいこう。

サガリとタンユッケは絶対たのむ。