くじら手帳

京都に住む父親サラリーマン投資家の備忘録。

子どもを連れて地元のお祭りに行ってきた

f:id:gantt:20160826142457j:plain

 

夏休みに帰省し、子どもを連れて地元のお祭りに行ってきた。

ぼく自身が小さい頃に歩いた道を、子どもの手をひいて歩く。

たこ焼きが気に入ったみたいで、ぱくぱくとたくさん食べてくれる。

まだ小さいので、金魚すくいやヨーヨー釣りは他の子がやっているのを眺めるだけ。

自分が小さい頃に行っていたお祭りに、こうして子どもと一緒に行けるのはうれしい。

 

田舎のお祭りだけど、わりとしっかりとした打ち上げ花火もあがる。

田舎なので人も少ないし、慣れ親しんだ街なので打ち上げ場所の近くのベストポジションから見ることができる。

昨年はびっくりしながらも花火を見上げていたけれど、1年成長したうちの子がどんな反応を示すだろう…と思っていたら、今年は打ち上がる花火の大きさや音に圧倒されたのか、序盤からわーわーと泣き出してしまった。

こわいっていう感覚が育ったのかな。

落ち着きそうになかったので、早々に切りあげて帰路についた。

 

来年の花火はうれしく見れるといいね。