くじら手帳

京都に住む父親サラリーマン投資家の備忘録。

年の瀬に『大詔閣 四条店』さんで焼肉を食べてきた

f:id:gantt:20161224070346j:plain

 

仕事帰りに同僚と『大詔閣 四条店』さんに行ってきた。

四条木屋町を少しあがったあたり、高瀬川の西側の細い路地にある。

入り口は奥まってるのでちょっと分かりづらい。

 

前に行った三条店はカウンター席しかなかったけれど、四条店にはテーブル席もいくつかあった。

年末も近づいているので、忘年会があちこちで開催されていて、完全にできあがっている若手社員風な方もいた。

お酒飲んだら楽しくなってああなっちゃって、翌朝記憶があいまいな自分に気づき、やらかした感にさいなまれるよね。わかるわかる。

 

f:id:gantt:20161224070401j:plain

 

大詔閣さんに行ったらまた食べなくちゃと思っていたのがサガリ(写真の左側。右側のはカルビ)

やわらかくてジューシーでおいしい。

なによりこの秘伝(?)のタレがずるい。

 

f:id:gantt:20161224070425j:plain

 

こっちはまた食べたいと思っていたタンユッケ。

まだ少し凍っていたので、火の横においてしばらく待ってから食べた。

問題ないです。おいしいです。

大詔閣さんに来たら、サガリとタンユッケははずせない。

 

f:id:gantt:20161224070434j:plain

 

ホルモンもおいしい。

ホソ(小腸)を焼いたら、いつもの通り火があがる。

どこのお店でもこのシーンを写真におさめている気がする。

脂ってなんでこんなにおいしいんだろう。

 

f:id:gantt:20161224070443j:plain

 

タレがおいしすぎて、最後にライスも頼んでしまった。

ほんとはライスだけ注文してタレをかけて食べてしまおうと思ってたけど、さすがにそれは恥ずかしかったのでサガリをもう一回頼んだ。

サガリにタレをたくさんつけて、ごはんにドロップし、タレ付きごはんを満喫した。

最高です。

 

 

gantt.hatenablog.jp