くじら手帳

京都に住む父親サラリーマン投資家の備忘録。

FireStickTVを使ってiPhoneの動画をテレビで見る方法

f:id:gantt:20170129170843j:plain

 

出先でぐずつく子どもに見せるためにiPhoneに動画を取り込んだ。

家でもこれをテレビで見れたら便利だな。AppleTVを買わないとだめなのかな…と半ばあきらめていたけれど、amazonのFireStickTVもAirPlayに対応できることを知ったので試してみた。

FireStickTVを使ってiPhoneの動画をテレビで見る方法をまとめておく。

 

1. iPhoneの出力を受けとるために、FireStickTVにアプリをインストールする

amazonの「Androidアプリ」ストアで「AirPlay」と検索するといろんなアプリが出てくる。

一番評価がよかったので『AirReciever』というのを買ってみた。

メーカーがまったく知らないところだったので、不安はあったけどレビューを見るとちゃんと動作するようだし、価格も300円ちょっとなので腹をくくって買ってみた。

無料のものもあるようだけど、タダより高いものはなくてあれこれ手こずるかも知れないので有料のものにした。

 

AirReceiver

AirReceiver

 

 

amazonのストアでこのアプリを購入する際に、インストール先のデバイスも指定できる。

購入後すぐにFireStickTVを起動したら、もうインストールまで終わってた。

 

2. FireStickTVでAirRecieverの設定をする

FireStickTVを起動し、AirReciever(amazonで買ったアプリ)を立ち上げると以下のような設定画面が表示される。

デフォルトでは上から2つ目の「DLNA DMR」のチェックだけが入っていたけれど、今使いたいのはこれじゃないので、「AirPlay」にチェックをつけなおす。

 

f:id:gantt:20170129174850j:plain

 

3. iPhoneでAirPlayの設定を行う

設定といっても、iPhoneのホーム画面で、下からぐいっとコントロールセンターを出して「AirPlayミラーリング」をタッチし、検出された「AFTM-2」をポチッと押して接続するだけ。

*AirPlayを使うには、iPhoneとFireStickTVが同じWi-Fiネットワークに接続している必要があるので、検出されないなと思ったらそれぞれの接続状況を確認すると原因が見つかるかも。

 

f:id:gantt:20170130220549j:plain

 

ポチッと押して使えるようになると、以下のような画面になる。

こうなると、iPhoneの画面全体がテレビに映っている(ミラーリングされている)はず。

 

f:id:gantt:20170130220537j:plain

 

4. 動画を再生する

これで準備は完了したので、あとはiPhoneで動画を再生するだけ。

子どもが気に入っている動画をiPhoneにいくつか入れておけば、わざやざDVDみたいにディスクの入れ替えをしなくていいし、早送りや巻き戻しもiPhoneでサクッとできる。

便利!

 

AppleTVはちょっと高いので購入に踏み切れてなかったけれど、amazonはプライム会員だしずっと前からFireStickTVも持っていたので、これだけでiPhoneの画面をTVで映せるなんてうれしいぞ。