お初天神にある『酒肆 門』さんで堪能してきた

f:id:gantt:20170219091127j:plain

 

ひさびさに会う友だちと梅田で集まろうということになり、『酒肆 門』さんに伺ってきた。

初天神の境内からすぐ。こんなところにこんな路地があったんだと驚く。せまい区画に魅力的なお店がいろいろと詰まっていている。

「門」と書かれた看板(上の写真の黄色い看板)がぶら下がっているだけで、ほんとにこのドア?ほんとにこの階段あがるの?と不安になったけれど、そこに『酒肆 門』さんはあった。

 

f:id:gantt:20170218120355j:plain

 

店内はカウンターが4席と、4人で囲むくらいのテーブルが2つだけ。これは予約しないとなかなか入れない。

こじんまりとしているのに、お店の方は4人もいらっしゃって、しっかりと気をつかっていただいていた。

 

f:id:gantt:20170218120149j:plain

 

料理はどれもこれもおいしい。

お造りの盛り合わせは単純なお刺身ではなく、甘鯛が炙ってあったり、のれそれがあったり、 イカに雲丹がのっていたり、ジューシーなタタキがあったり。

 

f:id:gantt:20170218120201j:plain

 

酢牡蠣もぷりんぷりん。

 

f:id:gantt:20170218120240j:plain

 

白子ももちろんぷりんぷりん。

いろんな種類の日本酒が取り揃えられている。

お店の人に特徴を教えてもらいつつ、一合ずついろんな日本酒をいただいた。

さすが酒肆。

 

f:id:gantt:20170218120250j:plain

 

お店の名物の「ねぎあな」(ねぎまみれのあなご)もいただいた。

もうひとつ「鯖サンド」も有名らしいけど食べるのを忘れていたので、今度伺ったときにいただきます。