くじら手帳

京都に住む父親サラリーマン投資家の備忘録。

米国株ポートフォリオの構成銘柄を増やしました

f:id:gantt:20171022104241j:plain

 

米国株ポートフォリオの構成銘柄を増やし、新しくMO(アルトリアグループ)を加えました。生活必需品セクターのたばこ銘柄はPM(フィリップモリス)だけでいいかなと思っていたのですが、以下の理由でMOを追加します。

 

  1. PMがぐんぐん値をさげていてポートフォリオに与える影響が大きく、構成銘柄を増やして1社あたりの比率を低めたかったため
  2. 7月のFDAの発表でMOは下げたけれど、PMは影響を受けておらず、MOとPMでリスク分散ができている様子を見ていたため(フィリップモリスがMOとPMに分かれた意味を垣間見ました)
  3. MOを調べていると、MOはアンハイザー・ブッシュ・インベブの大株主であり、その配当利益が大きいことを知ったため(間接的に世界ビール最大手の株主になれるのでうれしい)

 

これにより、わが家のポートフォリオ構成銘柄は下表のとおりです。不況に強い銘柄が多くてディフェンシブすぎる気もしますが、、、よしとします。

 

銘柄 セクター 景気局面 CashFlowMargin 連続増配 配当性向 配当利回
VTI ETF - - - - 1.74%
VYM ETF - - - - 2.86%
GIS Non-Cyclical Consumer Goods & Services 不況 14.81% 13 62.6% 3.77%
IBM Technology 回復 21.22% 17 43.5% 3.70%
JNJ Healthcare 不況 26.11% 54 46.8% 2.36%
KO Non-Cyclical Consumer Goods & Services 不況 21.01% 54 77.9% 3.19%
LMT Industrials 好況 10.98% 14 57.6% 2.50%
MMM Industrials 好況 22.13% 58 52.8% 2.12%
MO Non-Cyclical Consumer Goods & Services 不況 32.71% 8 80.7% 4.06%
PG Non-Cyclical Consumer Goods & Services 不況 23.64% 60 66.1% 3.13%
PM Non-Cyclical Consumer Goods & Services 不況 30.27% 9 85.8% 3.91%
VZ Telecommunications Services 不況 18.03% 10 61.1% 4.76%
XOM Energy 後退 10.10% 34 89.3% 3.71%

 

 

関連記録。

わが家の米国株ポートフォリオの構成銘柄を決めたときの記録。表の項目のとおり、セクター分散と営業キャッシュフローマージン、配当(連続増配で、高配当)を意識して構成銘柄を決めています。

gantt.hatenablog.jp