くじら手帳

京都に住む父親サラリーマン投資家の備忘録。

【売却】IBM株を売却しました

f:id:gantt:20180310201548j:plain

 

2月後半にIBM株をすべて売却しました。

理由は以下の通りです。

 

  • 安心して持ちつづけられなくなった
  • ドルベースで利益が出ているうちに売却したい
  • 円ベースでは損が出ているので今年の税金の観点では今はタイミングがよい

 

クラウド化やIAサーバー化が進む中、IBMのビジネスが将来に渡って必要とされるのだろうかと考えるようになりました。amazonがビジネスを拡大する速さや、microsoftがビジネスをシフトする速さで動かなければいけない中、渡り合っていけるのだろうかという漠然とした不安を感じてしまいます。

また『千年投資の公理』を読み、あらためて「ワイドモートなIT企業はどこか?」と考えると、microsoftの方が条件を満たしているように思えます。

こんな風にしばらく悩んでいるあいだに、円高ドル安がやってきて「(非常にわずかではありますが、)ドルベースで利益が出ているのに、円ベースで損失計上できる」という追加の言い訳ができるタイミングが来ていたのでIBMの売却に踏み切りました。

 

 

「バイ・アンド・ホールド」のむずかしさをひしひしと感じています。投資信託を自動買付設定して忘れてしまうのがどれほど楽か。でもこうしていろいろと考えるのがおもしろかったりもする。人間は必ずしも合理的な判断をできないもんですね。

 

 

関連記録。

わが家のポートフォリオ

gantt.hatenablog.jp

 

バフェット先生もおっしゃる「ワイドモートな企業とは?」が学べる本です。

gantt.hatenablog.jp