くじら手帳

京都に住む父親サラリーマン投資家の備忘録。

運筆の練習のために『うんこひらがなドリル』をはじめました

f:id:gantt:20180829163853j:plain

 

先月から『うんこひらがなドリル』を使って、運筆の練習をはじめました。平日の夜に、一文字か二文字ずつくらいでゆっくり進めています。

 

ひらがなドリルなので、オーソドックスに、1ページ一文字で、

  1. まず1回、書き順を意識してなぞる
  2. なぞる練習を3回
  3. フリーハンドで1回
  4. 例文が3つ

という構成になっており、各文字あたり8回書けます。

 

1と3のところは親が手を握ってやって、一緒に書くようにしています。子どもが鉛筆でひらがなをなぞるのを見ていると、どうしてこんなにもはみだすことができるのだろう…ってくらいちゃんと書けません。運筆って練習が必要なんだなと痛感しています。

 

書いてある例文を使ってひらがなを読む練習をするのですが、すべての例文に「うんこ」という単語が使われているので、子どもと笑いながら進めています。毎日毎日、親子で「うんこ」「うんこ」言うのもどうかと思うことがありますが、まずは楽しく取り組めるのは大事ですよね。

 

 

関連記録。 

ひらがなはあいうえおパズルを使って練習しはじめました。

gantt.hatenablog.jp