趣味は昼飲みです。

京都在住。

大井町も飲み歩いてきました

f:id:gantt:20190928204239j:plain

 

せっかく東京に行ったので、大井町にも飲みに行ってきました。品川から京浜東北線に乗り、3分で到着します。

 

f:id:gantt:20191005190718p:plain

 

JR大井町駅の東口を出てすぐ、上の地図の右上のエリアに飲み屋街が広がっていたので、まずはぐるっと飲み屋街を歩いてみました。立ち飲み屋もあるし、寿司もあるし、中華もあるし、スナックもあるし、チェーンの飲食店も…いろんなお店がありました。

 

f:id:gantt:20190928204301j:plain

 

最初に伺ったのは『肉のまえかわ』さん。お肉屋さん(?)の中に立ち飲みスペースが広がっており、サラリーマンやご年配のグループ、若いカップルもいらっしゃいました。決してきれいとは言えない店内に様々な人が集まっていておもしろいですね。 

 

f:id:gantt:20190928204322j:plain

 

ビールは奥の冷蔵庫から自分でとってくる制度。先払いなので缶ビールを持ってカウンターに行き、肉のたたきを頼んでお金を払います。「お箸がないぞ?」と思って周りを見回すと皆さん竹串で食べていました。確かに竹串がおいてあります。

いろいろ大丈夫かな?と思いつつも、たたきをいただいてみるとすごく美味しくてびっくりしました。

 

f:id:gantt:20190928204344j:plain

 

次に伺ったのは中華の『臚雷亭』 さん。ビールを飲みながら、餃子と蒸し鶏、エビマヨをいただきました。こちらのお店は料理を持ってきてもらったときに、引き換えにお金を都度払う制度でした。

調べてみると、『孤独のグルメ』にも登場したお店のようですね。何軒かまわりたかったので少ししか頼みませんでしたが、どれもこれもおいしかったのでまた他のメニューもいただいてみたいところです。

 

f:id:gantt:20190928204405j:plain

 

3軒目を探して見つけたのが『鳥文』さん。準備されている焼鳥の串が外から見えたのですが、「あ、ここおいしいお店だ」とぱっと見で分かるお店でした。確か21時過ぎに伺ったのですが、閉店の間近だったようでいくつか売り切れてしまっていました。いただいた焼き鳥はどれも焼き具合がちょうどよく、やっぱりおいしかったです。焼き鳥はこのはしっこがちょっと焦げているのがいいですよね。

 

f:id:gantt:20191005170433j:plain

 

付き出しが大根おろしうずらのたまごというのも素敵です。

 

f:id:gantt:20190928204423j:plain

 

シメに伺ったのは『晩杯屋』さん。ばんぱいや。隣になった方に伺ったところ、東京には何店舗かある立ち飲み屋さんのようです。250円のチュウハイから、4,500,000円のロマネコンティ(ロマネコンティは要予約。イカフライがサービスでついてくる)まであるのが東京らしいような、東京らしくない(ネタがしこんである)ような…

もちろんロマネコンティはいただいておらず、それ以外は値段も味も安心できるお店でした。 はじめてホッピー飲みました。

 

大井町、ぜひまた伺いたいです。