くじら手帳

京都に住む父親サラリーマン投資家の備忘録。

北大路にある『いいちょ』さんでラーメンとやきめしをいただいてきました

f:id:gantt:20191103204651j:plain

 

京都の北大路にある『いいちょ』さんでラーメンとやきめしをいただいてきました。

以前から自分の行きたい店リストに登録していたのですが、市内の南の方に住んでいるのでなかなか北大路まで行く機会がなく、伺うことができていませんでした。

 

f:id:gantt:20191103205437p:plain

 

先日、久しぶりに朝から京都府立植物園に行き、温室も含めてぐるっと見て回ったところで13時30分くらいになっていました。「せっかくなので北山か、北大路周辺で遅めのお昼ごはんを…」と行きたいお店リストを眺めたところ、いいちょさんが近くにあることに気づきました。リストにまとめておくの大事ですね。

 

植物園を南側の出口から出て、北大路を東向きに5分ほど歩くといいちょさんがありました。北大路沿いではなく、少しだけ北に入ったところです。伺ったのは13時30分頃だったのですが、5組ほど並ばれていました。

 

f:id:gantt:20191103204751j:plain

 

お店の前に名前と人数を書く紙が置いてあります。「近所のお宅の軒先とかでは絶対に待たないでね。すぐそこにある公園で待ってね」という内容の貼り紙もしてあったので、名前を書き、数メートル離れた公園のベンチ(公園というほどではなく、ベンチがあるだけ…)で待ちます。

お客さんの入れ替わりが進み、20分くらい待つと名前を呼ばれました。待っている間にもお客さんは増え、私たちの後にもさらに4組くらい並ばれていました。

 

f:id:gantt:20191103204829j:plain

 

注文したのは、「塩とんこつ」(期間限定。並のみ。800円)と、

 

f:id:gantt:20191103204850j:plain

 

やきめし(並。500円)です。

 

ラーメンをまるまる私が食べ、子どもが残すであろうやきめしをあてにしていたのですが、 子どもにラーメンをひとくちあげると気に入ってしまい、「もうちょっとちょうだい」を繰り返され、3分の1くらいを子どもに食べられました。

その分をやきめしを食べようとすると、「これは僕のだからあんまり食べないで」とブロックされる始末です。ラーメンもやきめしも相当気に入ったようでいつもよりたくさん食べていました。普段あんまり食べないので、たくさん食べてくれるのはうれしいのですが、、、私の分が全然足りませんでした…。

確かに両方ともすごくおいしかったです。ラーメンは気づいたらスープまで飲み干してしまっていました。麺もおいしかったので、大を注文すればよかった…。

やきめしは見ての通りの濃いめ。出てきたときは「(まずい、これは辛くて子どもが食べられないのでは…)」と思ったのですが、食べてみるとそんなことはなく、すごくおいしいやきめしでした。

しかも、メニューには記載がなかったと思うのですが、ラーメンとやきめしを頼むとセット価格が適用されて100円引きになりました。子どもとシェアして食べたのに…ありがたいですね。

 

お店の中には、近所に住むご家庭のお子さんからと思われる、店長さんへの手紙がいくつか貼ってありました。人気のお店のようなので「高飛車なところがあるのだろうか」「こわい店長さんだったら嫌だな」「子どもが粗相してはいけない」…と思って少し緊張しつつ入ったのですが、まったくそんなことはなく、すごく愛されているお店でした。

 

今回はついつい期間限定のラーメンを頼んでしまいましたが、ぜひ通常のラーメンもいただいてみたいです。また伺います。